ボランティア活動とは、
「自らの自由意志によって社会や人に向けられる、非営利かつ公益的な活動」を意味しています。

小難しく感じられるかもしれませんが、つまりはこういうことです。

「自らの意思で、政治の主義を推進することを目的とせず、
社会のために自分が出来ることを考えて、それを実行する。」

活動内容

活動内容を考えた場合、「その場所で、自分に何を求められているのか」を見出すのが大切です。

自分で考えたボランティア活動を、人それぞれ取り組む事によって、
様々な活躍を色々な場所で期待する事が出来るでしょう。

あなたは「今、ボランティア活動をして下さい」と言われたら何をしますか。

一言でボランティア活動と言ってもいろいろな活動があります。

身近で出来るボランティア活動

たとえば、誰でもすることが出来る、身近なボランティア活動の代表として「リサイクル」があります。

現在では、どの地域でも、どの家庭でも当然のように行なっているゴミの分別、ペットボトルなどの再利用。

また食料品や雑誌など様々な製品でよく見かけるベルマークや、使わなくなった衣料品または、
使用済みテレホンカードや切手、玩具や絵本などを集める収集活動なども
家庭や個人で簡単に出来るボランティア活動と言ってよいでしょう。

コンビニや街角などでよく行われている募金活動や、
小中学生の頃に貯金箱を募金活動の為に作った人も少なくないですよね。
それも立派なボランティア活動です。

もし、少しでもボランティア活動に興味が持てたなら、ほんの少しの事から始めてみるのも楽しいですよ。