ボランティア活動の活性化に役立つとして注目されているのが「時間預託制度」と「地域通貨」と呼ばれるものです。

これは現在、新しい助け合いのシステムとして注目されており、
時間委託制度や地域通貨を使ったボランティア活動は「将来への備え」への方法のひとつとも考えられています。

「時間預託制度」と「地域通貨」とは、どのようなものでしょう

時間預託制度

まず、自分が行ったボランティア活動の時間を点数化し、手帳などに記録・貯めておき、
将来、自分や家族に助けが必要となった時、その点数を使用してボランティアを受けることが出来る、
というものが時間委託制度です。

ボランティアを受ける側もしてくれる側も点数が貯まると思えばお互い気兼ねなく助け合えますね。

地域通貨

地域通貨は、仲間内、または地域内だけで使われる通貨の事を指します。

互いに助けられ、支え合う行為やサービスを、時間や点数、地域や仲間独自の紙券などに置き換え、
これを通貨として物やサービスと交換することが出来るシステムです。

また、地域通貨は地域の人々の意外な才能や能力を引き出す事が出来、
最近では少なくなった地域同士のコミュニケーションや助け合いを深める事も出来ます。

現在の普及度

現在では、全国各地で時間預託制度と地域通貨を採用しています。

「NPO法人NALC(ナルク)」などでは、会員がボランティア活動を「時間数」は[預託点数]と名を変えて「時間預託手帳」に記録をしておき、
自分が困ったときに、その貯まった[預託点数]を引き出して使用することが可能です。

[預託点数]を使用してどのようなことが出来るのでしょう。

これは一例ですが、
遠く離れた親族や友人のために、地元拠点のNALCネットに依頼をして「遠距離介護」をすることも可能だそうです。

ちなみに、たとえあなたが他の地域に引越したとしても、新しい地域で同じように[預託点数]が使えるように
全国各地の団体とネットワークを結んでいる地域もあります。

「時間預託制度」も「地域通貨」も、まだまだ知らない人のほうが多いと思いますが、
これからのボランティア活動で益々重要になってくるものだと思われます。