このサイトでは、ボランティアの基本からどのような活動をしていけばいいのか、
また、少しずつですが広まってきているボランティアをさらに活発化させるために用意された制度など、
ボランティア活動を始めるにあたってあなたを支援することを目的としています。

あなたはボランティアと聞いてどんな事を想像しますか。

日本でボランティアの名前が広まったのは、1995年に起きた阪神・淡路大震災の時です。

この年は「ボランティア元年」とも呼ばれ、1月17日を「防災とボランティアの日」とされており、
この時全国から多くのボランティアの方々が被災地に集まり、活動を行ないました。

ボランティアの基本

ボランティアは、「自主性」「公共性」「無報酬」「先駆性」を基本としています。

「自主性」とは、荷物を代わりに持ってあげたり、電車などで人に席を譲ったりという事ではなく、
ボランティアを意識して活動することを示しています。

ボランティアの対象はあまりなく、広い範囲で行われています。その事から「公共性」の意味が含まれます。

また、ボランティアは、殆ど対価を受け取らないため「無報酬」です。

「先駆性」とは、社会で必要とされているのにも関わらず、まだ改善されていない要求を満たすために
新しいアイデアを考え活動を行う。

ボランティアは「無報酬」が基本ですが、場合によってはボランティアを受け入れられない精神状態の人が、
ボランティア活動を行う側と対等になるための手段として有償のボランティアも存在します。

現在では、ボランティアは色々な人を対象に、様々な地域で活動しています。